お知らせ&ブログ

メディカルノート2019.11.13

すきっ歯(空隙歯列)の治療

すきっ歯(空隙歯列)の歯並び

主に前歯が隣の歯としっかりと接しない状態の歯並びです。歯と歯の間に隙間があるので、すきっ歯と表現されます。空隙歯列ということもあります。

すきっ歯(空隙歯列)の 原因

歯と顎の大きさのバランスが悪いときに起きることがあります。歯よりも顎の大きさが大きい、顎よりも歯の大きさが小さいまたは歯の本数少ないなどの理由が考えられます。舌の癖が影響することもあります。舌で歯を癖があると、歯は外側に開くように移動します。

すきっ歯(空隙歯列)の治療法

歯を全体的に内側に閉じるように移動させます。障害となる要素がない場合は比較的容易に歯を移動できます。むしろ、歯が並んだ後の後戻りが心配されます。原因が舌の癖にある場合は、舌の癖をコントロールする必要があります。